HOME  > 介護事業をお考えの方 >  介護事業の種類

介護事業の種類

介護事業は大きく2つの種類

まず、介護保険サービスを提供する事業か否かで、大きく2つに分かれます。

介護保険サービス

介護保険法に基づいて都道府県知事等から指定を受けた事業者が、介護保険から報酬を受け取って介護サービスを提供する事業
(このサイトでは特に断らない限り、この種類の事業を指しています

介護保険対象外サービス

利用者が利用料の全額を負担する介護サービスを提供する事業
(配食サービス、緊急通報サービス等)

介護保険サービスは大別すると在宅サービス、施設サービス

介護保険サービスには、実に沢山の種類があり、分類の仕方も難しいのですが、大別すると、在宅サービスと施設サービスに分けることができます。
そして、それぞれ医療系(※)とそうでないサービスに分類することができます。

在宅サービスの例

訪問介護(ヘルパー)、訪問看護(※)、通所介護(デイ)、通所リハビリテーション(デイケア)(※)等

施設サービスの例

特別養護老人ホーム、老人保健施設(※)

介護事業の代表的な業務形態

訪問介護(ホームヘルプ)サービス

ホームヘルパーが自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)をします。

訪問介護(ホームヘルプ)サービス→訪問介護について詳しくはこちら

通所介護(デイ)サービス

食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで提供します。施設は利用者の自宅から施設までの送迎も行います。

通所介護(デイ)サービス→通所介護サービスについて詳しくはこちら

居宅介護支援(ケアマネジメント)

ケアマネジャー(介護支援専門員)が、介護サービスを利用するためのケアプランを作成し、そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を行います。

居宅介護支援(ケアマネジメント)→居宅介護支援について詳しくはこちら

小規模多機能型居宅介護(地域密着型)サービス

利用者の選択に応じて、施設への「通い」(デイサービス)を中心として、短期間の「宿泊」(ショートステイ)や利用者の自宅への「訪問」(ホームヘルプ)を組合せ、家庭的な環境と地域住民との流の下で日常生活上の支援や機能訓練を行います。

小規模多機能型居宅介護(地域密着型)サービス→小規模多機能型居宅介護について詳しくはこちら

  • 当事務所のサービス内容はこちら
  • お問い合わせはこちら
ページのトップへ