HOME  > 介護事業をお考えの方 >  介護事業開始までに必要な費用

介護事業開始までに必要な費用

どんな資金どれくらい必要になるのかといった
資金計画をしっかりと具体的に立てましょう。

初期投資額は少なくとも500万円

初期投資額(当面の運転資金も含めたもの)は、開設する事業所の規模によって異なりますが、少なくとも500万円は見ておきたいところです。
ここでは、計上しておくべき費用項目と、その大まかな内訳を示します。

  • 法人設立費用(定款認証・印紙代・登録免許税)
  • 物件取得費用(敷金・礼金・仲介手数料)
  • 改修工事費用(玄関等バリアフリー化等)
  • 備品調達費用(机・椅子等)
  • 人材獲得費用(募集広告等)
  • 顧客獲得費用(広告掲載・HP作成・内覧会開催)
  • 当面の運転資金(賃料、人件費、光熱費、リース代等)

    ※介護報酬の入金が翌々月であるため、資金繰りが厳しくなる時期が来ることを予め見越して計画を立てておく
    必要があります。

  • その他の費用(保険料、自身の当面の生活費、申請手続代行手数料等)
  • 当事務所のサービス内容はこちら
  • お問い合わせはこちら
ページのトップへ