HOME  > 事業別スタートガイド >  通所介護事業(デイサービス)

通所介護事業(デイサービス)

通所介護(デイサービス)事業の特徴

外出&社会的交流によりケア効果が高い
→仕事のやりがい・モチベーションUP
家族の介護負担を軽減する効果
日帰りでの利用&施設勤務→スタッフの採用が他の事業より容易
小規模デイサービス(利用定員10人以下)の場合
・施設規模を小さくでき、初期投資を低く抑えられる
・人員の配置基準が緩い
・介護報酬が通常規模の場合よりも高い
・個々の利用者の状況把握が容易で、顧客満足につなげることができる

指定基準について(大阪府の場合)

※ 都道府県等が条例で独自基準を定めている場合がございます。ご確認ください。

人員基準
職種 資格要件 配置基準
管理者 なし 専従常勤者1名
生活相談員 社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、社会福祉主事 専従者1名以上
看護職員 看護師、准看護師 事業所と密接かつ適切な連携を図れる従事者1名以上
介護職員 なし 専従者(利用者数が15人までは1名以上、5又はその端数を増すごとに1を加えた数以上)
※小規模デイサービス(利用定員10名以下)の場合、専従の看護職員又は介護職員のいずれかを1名以上
機能訓練指導員 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師 専従者1名以上

※ 生活相談員又は介護職員のうち1人以上は常勤であること

設備基準
食堂、機能訓練室
それぞれ必要な広さを有する合計した面積が、3平方メートルに利用定員を乗じて得た面積以上
静養室
利用定員に対して適当な広さを確保、専用の部屋を確保
相談室
遮へい物設置等により相談の内容が漏えいしないよう配慮
事務室
職員、設備備品を配置できる広さを確保
便所
要介助者の使用に適した構造・設備
(複数設置で、車いす用便所とすることが望ましい)
厨房(食事を提供する場合)
環境衛生に配慮した設備(保存食の保存設備を設置することが望ましい)
浴室(入浴介助を行う場合)
手すり等を設置し、利用者の利便・安全に配慮し、介助浴を基本とする。

※設備については、専ら指定通所介護の事業の用に供するものでなければならない

運営基準

厚生労働省令で細かく基準が定められています。主なものを抜粋すると

通所介護計画の作成義務
定員の遵守
非常災害対策
衛生管理等
記録の整備

事前協議に必要な書類

事業計画・企画書
施設整備チェックリスト
市町村開発許可担当課及び建築確認担当課との協議記録
消防署との協議記録
土地及び建物の図面(改修・新築の計画図面)
近隣の住宅地図等(施設周辺の様子がわかるもの)
現況の写真
土地及び建物登記簿謄本(新築の場合、建物登記簿謄本を除く)
建物の賃貸借契約書(案)の写し

※ 建物が申請法人所有で、土地所有者が異なる場合、土地の賃貸借契約書(案)の写し

申請に必要なもの(大阪府の場合)

指定申請書
付表
添付書類
・定款等の写し等
・法人登記事項証明書
・従業者の勤務体制・勤務形態一覧表
・従業者の資格を証明するものの写し
・組織体制図
・管理者経歴書
・事業所平面図
・写真(平面図に撮影方向を明示すること)
・案内図
・設備・備品一覧
・賃貸借契約書の写し
・建物の検査済証
・防火対象物使用開始届
・運営規程
・苦情処理措置の概要書
・財産目録等
・事業計画書
・収支予算書
・損害賠償責任保険証書等
・介護給付費の算定に係る体制等状況一覧
・誓約書
・老人デイサービスセンター等の設置届
※ 審査事務手数料として大阪府証紙3万円分(予防介護サービス同時申請の場合は3万5千円分)が必要となります。
  • 当事務所のサービス内容はこちら
  • お問い合わせはこちら
ページのトップへ